インターネットが無料な理由

皆さん、こんにちは。

ご訪問いただきまして感謝申し上げます。

早速ですが、本日のインターネットニュースランキングの時間です。

今日の注目記事は、インターネットを救うためにはサーバが死ぬ必要があるでしょうか。

なかなか面白い記事です。

今のインターネットは、私たちにとってふさわしいインターネットだろうか? もちろんそうだ、という意見もある。Webのユーザたちは、コンテンツが無料であることを当然のこととしている。しかし実は、私たちは払っているのだ。目に見えるお金だけでなく、自分のプライバシーを支払っている。デジタル世界のビジネスモデルでは、彼らが集める大量のユーザ情報が、一見無料のサービスが成り立つための暗黙の貨幣だ。

私たちはインターネット無料の代償として個人情報を売っている。

・・・とはいえ、プロバイダ料金やらなんやらがかかるから、完全に無料で使えるかっていうと微妙なんですけどね。

まぁ、色々とよくできた仕組みです。

インターネット情報ランキング

  1. インターネットを救うためにはサーバが死ぬ必要がある

  2. OSXのメールアプリ Airmailがアップデートしました

  3. 相互依存を深める一方、不信に引き裂かれるインターネットを救うためにセキュリティができること産

※システム上、関係ない記事やくだらない記事が表示されることもあります。 ランキングはシステムで自動構築されており、リンク先は当サイトと関係ありませんので、予めご了承下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ