WiMAX+のスピードが上がってWiMAXのスピードが下がった

WiMAX2+に切り替えた私にはうれしいニュースですが、WiMAXユーザーにはびっくりな話かもしれません。

 UQコミュニケーションズ株式会社は27日、来春よりキャリアアグリゲーションの導入を行い、WiMAX2+の下り最大速度を110Mbpsから220Mbpsに高速化すると発表した。これに伴い、現在WiMAXで使用している周波数帯域30MHzのうち20MHzをWiMAX2+用に切り替えるため、WiMAXの下り最大速度が40Mbpsから13.3Mbpsに低速化される。

WiMAXが下り最大40Mbpsから13.3Mbpsへ、GMO「究極割」はキャンセル受付を開始

これを受けてWiMAXの究極割を展開していたGMOはキャンセルを受け付けるとか。

まぁ、このスピードなら何とも微妙ですので、キャンセルする人もいるかもしれませんね。

399円なので大方はそのままキャンセルなしでしょうか。

まぁ、なにはともあれWiMAX2+にしておいてよかったなぁ。

このスピードアップで具体的に変化するのかどうか。

使いながら調査しておきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ